Calling at...

不相応なステータスを持った旅好きの若者

MM860 TPE-HND Economy 睡眠と揺れの狭間に

台北からの復路便も同じくPeachの羽田便を利用しました。夜に出発し未明に羽田に着くというダイヤは台湾観光を最終日まで楽しむことができる便利なものです。何時頃にどのようなことをしていたかも含めてレビューをしました。

MM859 HND-TPE Economy ピーチ早朝便で行く台北

Peachの台北行き早朝便を利用しました。3月の学生旅行シーズンということもあり利用客層は若いフライトでした。PeachのA320の機内の様子もレビューしています。

スワンナプーム国際空港 JALサクララウンジ

バンコクスワンナプーム国際空港にはJALサクララウンジが設置されています。提供されているミールやシャワーの混雑状況についてレポートしました。

JL34 BKK-HND Economy 爆睡の5時間

バンコクスワンナプーム発羽田着のJAL深夜便を利用しました。今回はサービスを余り受けてはいませんが、チェックインやエコノミーの最前列シートなどのレポートをしています。

FD763 MFM-DMK Economy その2 機材繰りから生まれるDelay

Thai AirAsia FD763便でマカオからバンコクドンムアンへ。その2ではいよいよ搭乗します。機材遅れからなるDelayに悩まされつつも何とかバンコクへ到着することができました。

FD763 MFM-DMK Economy その1

香港・マカオ・広州のエリアからバンコクへの最安値はこの時マカオからバンコクへのタイ・エアアジア便でした。マカオ空港へのアクセスや空港内の様子を中心にその1ではレポートしています。

LQ977 PNH-HKG Economy その2 なかなかの狭さなA319で香港へ

Lanmei Airlinesで行く香港、第2回です。今回はA319の機内の様子や機内誌、サービス、また香港到着の様子などをレポートしました。

LQ977 PNH-HKG Economy その1 カンボジアx中国のLCC

カンボジア拠点で中国資本のLanmei Airlines(ランメイ航空)にプノンペン-香港の区間で今回搭乗しました。予約からプノンペン空港の様子などを第一弾ではレポートしています。

K67102 REP-PNH Economy その2 久々の厚みのあるシートに

その2ではいよいよ機内へ。ベトナム航空からリースされた機材はほぼそのままで運用されています。窓からの様子や機内サービスについてもレポートしました。

K67102 REP-PNH Economy その1 Cambodia Angkor Air早朝プノンペン行

アンコールワット観光を終え、次なる目的地へと移動します。シェムリアップ空港からカンボジア・アンコール航空に搭乗し首都プノンペンへと向かいます。

FD610 DMK-REP Economy その2 客層の異なるREP便でカンボジアへ

FD610 ドンムアン発シェムリアップ行の搭乗レポートです。前回は主にDMKの様子をレポートしましたが、今回は機内へと入っていきます。サービスや到着の様子についても書きました。

FD610 DMK-REP Economy その1 初のエアアジア・初のドンムアン

アジア内での移動ではLCCも使います。Thai AirAsiaのDMK-REP便を利用します。初めてのAirAsiaはどうなるでしょうか。その1では主にドンムアン空港の様子をレポートします。

成田空港T2 American Airlines Admirals Club

成田空港第2ターミナルにあるoneworldのエリート会員が利用できるラウンジは数カ所ありますが、今回はその中でもAAのAdmirals Clubを利用しました。そのレビューとなります。

JL717 HND-BKK Economy 初めてのJL有償発券でバンコクへ

JLバンコク便に搭乗しました。数あるバンコク線の中で今回選んだのは成田発の717便。788による運航となります。東南アジア旅行スタートです。

KL861 AMS-NRT Economy 乗り継ぎを待つという対応

前便KL1666便の遅延で乗り継ぎを諦めかけた861便ですが、乗り継ぎ客が多かったからか全員を待ってから出発するという対応に。ギリギリで滑り込んだ帰国便となります。

KL1666 BCN-AMS Economy DelayとTransferとの狭間

復路ではマドリードではなくバルセロナからアムステルダムへ。Delayを重ねるKL1666便、成田への乗り継ぎはどうなってしまうのか...

KL1705 AMS-MAD Economy Skyteam塗装でスペインへ

Skyteam塗装を纏ったボーイング737-900でアムステルダムからマドリードまで移動します。

KL862 NRT-AMS Economy 青いオランダキャリアでヨーロッパへ

2018年最後のヨーロッパはKLMを利用してスペインへ。まずは成田からアムステルダムまでボーイング777-200ERで移動します。

LJ229 PUS→KKJ Economy 北九州発着の国際線

北九州とソウル、釜山を結ぶLCC、JinAir。そんなジンエアーの釜山便に今回搭乗しました。そのレポートとなります。

JL957 NRT→PUS Economy Diverted to FUK

多数のLCCが飛んでいる韓国路線、ですが今回はJALで釜山へと向かいました。釜山上空の悪天候のため福岡へダイバートになるというハプニングもありましたが、それも含めてレポートしています。

シンガポールマレーシアをバスで国境超え

シンガポールとoマレーシアの国境をバスで超えました。2社のバスにそれぞれ往路復路で乗車しレポートを行いました。

KA396 HKG→HND Economy ドラゴン深夜便 苦痛の数時間

キャセイドラゴン運航のKA396に2回目の搭乗です。ダイヤが代わり、深夜便から早朝便へと変更になりました。夜遅い出発となりましたが、どのように変わったのでしょうか。

香港国際空港 The Wing First Class Lounge

HKIAのファーストクラスラウンジ、The Wing First Class Loungeを訪れました。目玉となる大きなシャワールームCabanaのレポートを中心にお送りします。

香港国際空港 The Arrival

HKIAのCXの到着ラウンジThe Arrivalを訪問しました。中はあまり大きくはないです。フードは日本風のものが楽しめます。

シンガポール チャンギ空港T4 Cathay Pacific Lounge

新しいシンガポールChangi空港T4のCXラウンジを訪れました。NoodleBarはもちろんありますし、十分な数のソファーが用意されていました。

CX710 SIN→HKG Economy ChangiT4はひたすらに新しい

シンガポールから香港へはCX710で向かいます。A330、インターの機材での運航でした。Changiの新しいT4も合わせてレポートしました。

香港国際空港 The Deck

HKIAで一番新しいCXのラウンジ、The Deckです。今年の3月にオープンしたこのラウンジはビジネスクラスラウンジ相当ですが、綺麗なラウンジはとても快適でした。

香港国際空港 The Pier First Class Lounge

HKIAのCXラウンジ、その中でもThe Pier First Class Loungeを訪れました。レストラン形式で食事ができるThe Dining Roomをはじめ、様々なサービスを体験できました。そのレポートとなります。

CX711 HKG→SIN PremiumEconomy CXのプレエコはいかほどに

続いてのフライトはCX711、シンガポール行きです。このフライトではプレミアムエコノミーを利用しました。長距離便ではないため、目立った特別なサービスがあった訳ではありませんが、シートなどをレポートしました。

成田空港T2 JALファーストクラスラウンジ サテライト

成田空港にはJALのファーストクラスラウンジが2つあります。本館のものは以前訪問済み。今回はサテライト側のラウンジへと向かいました。”空いている”これが全体での感想です。