Calling at...

不相応なステータスを持った旅好きの若者

ヒースロー空港T5 BA The First Wing & Galleries First Lounge

f:id:arltra:20180220223547j:plain

LHRはBAのお膝元、BA Gold以上は隔離されたチェックインカウンターを利用することができます。

最近改修を終えて新しくなったFisrt Wing、今回の渡英の一つの目的でもありました。


arltra.hatenablog.com

 

The First Wing

f:id:arltra:20180220223549j:plain

ここはLHRはT5。

BAだけが利用するターミナルです。

BAだけなのにいつも混雑している、そんな印象です。

 

f:id:arltra:20180220223548j:plain

その右端、Jカウンターには大きな箱物が構えています。

f:id:arltra:20180220223547j:plain

これがThe First Wing。

BA Gold以上が使える、いわばFクラスチェックインカウンターになってます。

 

写真でもわかる通り、時間は朝の8時くらいなのですが、外まで列が続いています。

大混雑です。

入り口におじさんが立ってますが、ステータスのチェックはしてません。

 

f:id:arltra:20180220223546j:plain

5分ほど列で待つと自分の番に。

オープンしているカウンターの数も十分に感じます。

BA Gold、それなりに緩い獲得条件なので本国英国ではかなりの会員数がいるんじゃないでしょうか。

 

カウンターの上にはF、Club World/Club Europeのタグがいっぱい置いてあります、一つくらい欲しいものです。

 

 

素早いチェックインに感謝しつつ、先に進みます。

このカウンター群の左手には保安検査場への入り口が。

保安検査場も専用のものになっていて、気にならない待ち時間で通過することが出来ます。

 

f:id:arltra:20180220223545j:plain

イギリスでは出国審査が存在しないため、保安検査場を抜けるとこのような通路に。


Galleries FIrst

f:id:arltra:20180220223544j:plain

ダイレクトにラウンジにアクセスすることができます。

この入り口は普通の保安検査エリア内の入り口とは別のところに繋がっています。

 

f:id:arltra:20180220223543j:plain

かなり広いラウンジですが、人はいっぱい。

なかなかに席を探すのに苦労します。

 

f:id:arltra:20180220223541j:plain

食事も揃っていて、乞食にも優しい仕様。

English Breakfastの品々が並んでいました。

 

f:id:arltra:20180220223542j:plain

イギリス人のコーヒーの対する情熱は目を見張るものがあります。

コーヒーコーナーも何箇所か存在。

くれぐれも紅茶用のコップでコーヒーを入れることがないように。

 

f:id:arltra:20180221173109p:plain

Wi-Fiのスピードは十分です。

BAのアプリでパスワードを確認できるところが楽ですね。

 

f:id:arltra:20180220223540j:plain

全体的に落ち着いた雰囲気です。

静かではないですけど。

 

なかなか近距離便のゲートは表示されません。

Aターミナルであることはまず間違い無いですが、早めにラウンジを出ることにします。

 

f:id:arltra:20180220223539j:plain

LHR T5にはCクラスラウンジとしてのGalleries Clubもあります。

CCRもいつか入ってみたい、憧れの場所ですね。

 

arltra.hatenablog.com

 

統一カテゴリ

arltra.hatenablog.com