Calling at...

不相応なステータスを持った旅好きの若者

SJ Nattåget Stockholm C → Malmö C 1st - Sleeping Compartment

f:id:arltra:20180301232035j:plain

ストックホルムからコペンハーゲン(正確には手前のマルメ)までの移動にはSJ(スウェーデン国鉄)の寝台列車を利用しました。

利用したのは贅沢にも一等個室。

快適な夜の移動となりました。


arltra.hatenablog.com

 

イントロダクション

往路はARN、復路はBLLというところからお分りいただけると思いますが、スウェーデンからデンマークへと移動しました。

それぞれの首都、ストックホルムからコペンハーゲンは近いようで案外遠いです。

 

直線距離にして約520kmの距離です。

東京-岡山がおよそ540kmで、これでだいぶイメージしやすくなったんではないでしょうか。

 

その距離をSJ(スウェーデン国鉄)の高速電車が日中は5hで結んでいます。

週末を使った小旅行の日中の5hはとても貴重で選択肢から外れます。

 

では飛行機はどうでしょうか。

ARN-CPHは、SASとNorwegianが頻繁に飛ばしています。

飛行時間は1h10minほど。

SASでもHand-baggeage onlyのチケットはかなり安く販売されています。

これはこれでありですが、ARNまでまた行くのは少し面倒。

 

自分の出した結論は寝台列車でした。

日中は5h、しかし寝ている間に移動できればこの所要時間はなんの問題にもなりません。

また北欧のホテルは高いのがネック、出来れば街中での宿泊は避けたいところ。

 

今回は日本ではほぼなくなってしまった寝台列車を今回は利用したいと思います。


出発

f:id:arltra:20180301232038j:plain

旅の始まりはストックホルム中央駅(Stockholms centralstation)。

 

冬真っ盛りの北欧、スキー板を持つ多くの家族連れで夜の駅は混雑しています。

 

f:id:arltra:20180301232034j:plain

ヨーロッパはいくつかの国で今だに寝台列車が活躍していて、スウェーデンもその一つです。
この日も何本かの列車が各方面への発車を待っています。

 

f:id:arltra:20180301232036j:plain

今日乗車する列車を紹介しましょう。

SJ Nattåget1 Malmö行です。

この寝台列車コペンハーゲンへは行かず、スウェーデン側の国境の街、マルメで止まります。

 

f:id:arltra:20180301232035j:plain

列車は堂々たる長編成。

 

f:id:arltra:20180301232029j:plain

道中での編成の分割はなく、全ての車両が終点のMalmöまで向かいます。


車内

f:id:arltra:20180301232025j:plain
f:id:arltra:20180301232026j:plain

左が2nd Classで座席車、2-2の配列で普通の座席が並んでいます。

右がCouchette(1区画6人の開放寝台)。

日本でいえばB寝台と言ったところでしょうか。

片側に3段の寝台が向き合う形になっています。

 

前日にインターネットでチケットを購入しましたが、2ndとCouchetteは満席。

Couchetteは家族連れが1区画ごとに占有して楽しそうにしていました。

 

f:id:arltra:20180301232024j:plain

個室も存在します。

Compartmentには掛け布団のマークとシャワーのマークが追加されています。

 

f:id:arltra:20180301232033j:plain

個室も3段寝台。

1人で取った場合、知らない人と一緒になる可能性が大いにあります。


1st Class

1st Classはその個室を1人で占有することができます。

f:id:arltra:20180301232032j:plain

1人部屋にした場合、上中段の寝台は壁に収納され広々。

 

f:id:arltra:20180301232028j:plain

部屋にはクローゼットも完備、ハンガーも準備されています。

この上にはそこそこの大きさの収納も。

機内持ち込みサイズのスーツケースなら入るでしょうか...

 

f:id:arltra:20180301232027j:plain

個室にはトイレ兼洗面所兼シャワーが完備されています。

石鹸、シャンプー、コンディショナーも用意。

注意する点としては、シャワーを浴びるとき、洗面所はびしょびしょになります。

トイレの便器はカーテンで辛うじて守られますが、床がビショビショになります。

バスタオルが2枚用意されていたので、シャワーを浴びた後全体を拭きました。

 

f:id:arltra:20180301232031j:plain

23:10にストックホルムを出発するので、多くのPAXはすぐに就寝します。

発車前はなかなかに賑やかだった廊下もすぐに静まり返ります。

 

すぐにスマホの電波も途切れ途切れになるので、さっさと寝ることにしましょう。

 

f:id:arltra:20180301232023j:plain

車内にはコンセントが完備されています。

しかし高い場所にあって、長いケーブルがなければ少し不便かもしれません。

たまたまモバイルバッテリーのポーチを引っ掛けることができたので、ここにスマホを収納して充電をしていました。

 

f:id:arltra:20180308060410p:plain

859SEKは11,000円ほど。

日中の鉄道or飛行機代とホテル代を考えると十分お得だと個人的には感じます。

 

乗り心地ですが、寝台列車に慣れていれば、特に違和感を感じることはないと思います。

あまり早く着きすぎても困ってしまうので、ゆっくりこの列車は走ります。駅に長時間停車することもあり、逆に止まっていることに違和感を感じて起きることも...


到着

f:id:arltra:20180301232022j:plain

到着は6:55。

 

f:id:arltra:20180301232021j:plain

かなり早いです。

駅のお店も1店舗しか空いてないですし、もちろん街のお店も開いていません。

 

f:id:arltra:20180301232020j:plain

誰もいない駅前を少し散策してから、そそくさとコペンハーゲンに移動するのでした。

 

統一カテゴリ

arltra.hatenablog.com

 

-Log-

SJ Nattåget 1

Stockholms centralstaion - Malmö C

Saturday 24th February

Depart: 23:10

Arrive: 6:55

Duration: 8h45min

Seat: Car12-13 (1st Class Sleeping Compartment)