Calling at...

不相応なステータスを持った旅好きの若者

ヒースロー空港T3 Cathay Pacific Lounge

f:id:arltra:20170222201935j:plain

こんにちは、えるです。

カタール航空ビジネスクラスのお話はお楽しみいただけたでしょうか。

順番が前後しましたが、ここからはBA4区間を達成する要の区間、TLLrunについて更新していこうと思います。

TLLrunの概要についてはこちらをご覧ください。

arltra.hatenablog.com


 始まりの地は、ロンドン。

ロンドンーヘルシンキは幹線だけあって、BA・Finnair(以下AY)ともに1日にたくさんの便が飛んでいます。

そんな中で、今回最安値で予約が可能だったのは、朝早い便、7:30発のAY運行の便。

そんな訳で、カタール航空ビジネスクラスでロンドンに着いたその日、わざわざヒースロー周辺のホテルに泊まり、翌日のこの便に乗ることにしたのでした。


f:id:arltra:20170222201934j:plain

BAのターミナルは5がメインですが、ヘルシンキ便のターミナルはAYとの共同運航の兼ね合いなのか、T3。

(BA便でもいくつかの目的地のフライトはT3が使われています。)

 

f:id:arltra:20170222201935j:plain

今回は運行がAYなので、AYのチェックインカウンターでチェックイン。

ヘルシンキを通してのアジアとヨーロッパの輸送に力を入れているからか、アジアの言語の対応が目立ちます。

 

今回、ホテルの朝食が少し高めだったので、ラウンジでご飯を頂く方針に。

早めにホテルを出て、チェックイン開始の2時間前前後に着くように調整をしました。

そのためカウンターはガラガラ。

Priorityを通る意味もありませんでしたが、一応そちらのカウンターへと向かいました。

 

前日にホテルで事前チェックインを済ませてきました。

搭乗券の印刷まで行えましたが、紙の搭乗券が記念に欲しかったので、こちらはスルー。

カウンターで発券。


f:id:arltra:20170222201936j:plain

Priorityの搭乗券を持つPAXは、専用の保安検査場を通過することができます。

こちらは、非常に使い勝手がよかったです。

ただ、非常に検査は厳しく、ポケットにうっかり入っていたスーツケースの鍵が引っかかり、少し時間がかかりました。

 

イギリスは入国審査は厳しくても、出国の手続きはそもそもありません。

保安検査場を通過すると、すぐにコンコースに出ます。


T3は横に長いターミナルで、そこそこの移動時間がかかります。

 

AYはビジネスクラスのPAX向けにNo.1 Premium Loungeを指定しています。

ただご存じの通り、たとえステータスの上級会員でなくても、ビジネスクラス以上の航空券を持っていれば、他のoneworldのラウンジを利用することができます。

 

今回はFlyerTalkのTLLrunスレッドのおすすめでもあった、リニューアルされたばかりのキャセイパシフィック(CX)のラウンジにお邪魔することに。


CXのラウンジはしばらく改装中で、去年末に再オープン。

 

f:id:arltra:20170222201937j:plain

AYの文字も入り口にはあって、より入る際に安心感を覚えます。

 

f:id:arltra:20170222201938j:plain

f:id:arltra:20170222201939j:plain

この時間、CXの香港行きの便はないので、ラウンジはガラガラです。

ラウンジには1時間以上いましたが、お客とは3人しか会っておらず、スタッフの数の方が多いです。

 

同じ便に乗る人は案内通りにNo.1に行くか、すでにBAのGold以上でGalleriaラウンジに行くかの選択かもしれません。

一応CXにもFirstのエリアもありますが。

(搭乗口で確認しましたが、搭乗便のPAXはBAのステータス持ちが非常に多かったです。

時間帯もビジネス客主体の時間帯ですし、それこそPriorityの列の方が混んでいるほどに)

 

f:id:arltra:20170222201940j:plain

CXのラウンジといえばNoodleBar。

もちろんロンドンのラウンジにもあります。

朝も早かったですが、全てのメニューが利用可能で、提供はとてもスムーズ。

 

f:id:arltra:20170222201941j:plain

少しインスタント感というか、麺に固まりがありましたが、良しとしましょう。

連続した機内食と昨日の夜のハンバーガーの後にはちょうどいいものになりました。

 

十分ゆっくりさせてもらい、お腹も少し貯まったところで、時間に。

搭乗口へと向かうのでした。


arltra.hatenablog.com

 

統一カテゴリ

arltra.hatenablog.com