Calling at...

不相応なステータスを持った旅好きの若者

台北桃園国際空港T1 Cathay Pacific Business&First Class Lounge

f:id:arltra:20171126232506j:plain

復路はもちろん台北の桃園国際空港から始まります。

まずは、CXのラウンジを訪れてみましょう。


arltra.hatenablog.com

 

エントランス

出境審査を抜けて、左へ進むと、AやDのゲートや免税店エリアへとつながる通路があります。

その手前には、ラウンジのゾーンが。

CIとCXのラウンジとPriorityPassで入れるPlaza Premiumがありますね。

f:id:arltra:20171126232505j:plain

 

入り口はシックで、落ち着いた雰囲気です。

f:id:arltra:20171126232506j:plain

桃園のラウンジはBusinessとFirstが共通。

入り口も中も差別化はされていません。

カウンターでinvitationは回収されます。

 

f:id:arltra:20171126232512j:plain

中に入ると、木目の落ち着いた雰囲気。

LHRのCXラウンジに似た雰囲気があります。

 

arltra.hatenablog.com

 

LHRのCXラウンジが2017年、TPEが2015年にそれぞれリニューアルされていることも関係しているかもしれません。

 

これを見ると、いかにTPE-HKGの路線が重要であるかがわかります。

CXとKAのコードシェアフライトがそれぞれで出ているので多く見えているのは確かですが、それを踏まえたとしても一時間に一本のフライトはさながらHND-ITMのようです。

f:id:arltra:20171126232511j:plain


Noodle Bar

CXのラウンジなのでヌードルバーがあります。

f:id:arltra:20171126232507j:plain

 

いつものやつ

f:id:arltra:20171126232508j:plain

 

Beef Noodleをいただきました。

f:id:arltra:20171126232509j:plain

 

今回はメニューも撮影させてもらいました。

f:id:arltra:20171126232513j:plain

麺だけじゃなくて、小籠包とか色々なものが注文できるんですね、知りませんでした。


その他

f:id:arltra:20171126232510j:plain

入り口すぐの所にこのような少し開けた場所があります。

ヌードルバーの奥には静かにゆっくりできるスペースがありますが、ここは小声であれば話してもいい雰囲気。

ヌードルバーでの乞食を終えた後は、こちらに移動してゆっくりしていました。

 

次はいよいよ復路、CX522に搭乗します。

arltra.hatenablog.com

 

統一カテゴリ

arltra.hatenablog.com

広告を非表示にする