Calling at...

不相応なステータスを持った旅好きの若者

CX523 NRT→TPE Economy CX台北経由便ダブルデイリー化

f:id:arltra:20171126010150j:plain

こんにちは

CXに乗るのは今年3回目です。

今回の目的地は香港ではなく台北、経由便を利用しました。


arltra.hatenablog.com

 

チェックイン

前回CXで香港に行った時も旅行会社に手配をして全ての皇帝の予約を全投げしましたが、今回も友人との弾丸旅行なので旅行会社にお願いしました。

ただ、前回がもはやメジャー旅行会社に一角を占める天下のHISだったのに対し、今回は激安のツアーを多数発売している中小のOTA。

正直不安でしたが、それほど金額自体が大きくなかったのでそこにお願いをしました。

 

HISの時は、運賃クラスGの航空券だったため事前のオンラインチェックインは出来ないものの、eチケット自体は事前に代表者宅へ郵送されました。

ただ今回は行程表のみが自宅に郵送され、eチケットは当日に空港の団体カウンターで受け取る手筈になりました。

 

実際に当日、指定された時刻にカウンターへ向かうと、eチケットとともに発券された往路のチケットが。

もし仮に預け入れる荷物がなかったとしてもパスポートを登録するため有人カウンターに並ぶことになりますが、それ専用のカウンターがオープンしていることから、通常のPAXと同じエコノミーの列に並ばなくてもいいという配慮でしょうか。

 

ありがたく受け取って、CXのカウンターへ。

 

f:id:arltra:20171126010143j:plain

この時間では、Cカウンターの一列をエコノミーに、

反対側が搭乗券を持つ我々のようなPAXとビジのそれぞれのカウンターになっていました。

 

CXが自社でFクラスを搭載した機材を運行するのは、成田だとCX521/520のみ。

CX521の出発時間が16:45なので、それまではFirst用のカウンターは設けられないんでしょうかね(要出典

 

正直Priorityのレーンに並んでもよかったんですが、搭乗券をちらっと見たグラハンに誘導されパスポート登録のレーンに。

我々の番が来るまでに少し時間がかかりましたが、FirstのPriorityタグをつけてもらえたので良しとします。

 

インビテーションはCXのラウンジでした。


搭乗

f:id:arltra:20171126010146j:plain

今回搭乗するCX523は、台北経由の香港行きとなります。

 

これまで成田発台北経由の香港行きはCX451/450のデイリー運航でした。

この便ですが、成田夕方発・台北午前発という日本在住の人にとってはあまり理想的な時間ではないフライトでした。

それが10/29から、このCX523/522も新たに台北経由となり、ダブルデイリーになりました。

こちらは成田午前発・台北夕方発で利用しやすい時間設定になっています。

 

f:id:arltra:20171126010144j:plain

Fクラスラウンジがそれなりに混雑していて居心地が悪かったのもあり、早めにラウンジを出て搭乗口へ。

ちょうど搭乗開始の時間に72番ゲートへと到着しました。

 

搭乗口では、完全な階級制搭乗が。

First、ow Emeのためのレーンが存在していました。

この便は当然のことながらFクラスは搭載していない機材での運航なので、ビジのPAXよりも先に搭乗することができました。

 

f:id:arltra:20171126010147j:plain

当然ながら右へと進みます。


機内

f:id:arltra:20171126010148j:plain

機材はA330-300、33Pになります。

早い段階で搭乗できたので全景を撮影できました。

 

f:id:arltra:20171126010150j:plain

f:id:arltra:20171126010149j:plain

レイアウトは2-4-2。

2月に乗ったCX543はB777-300で3-3-3でしたが、今回は2人旅行なのでこちらのレイアウトの方が助かります。

 

座席は相変わらずのケツスライド。

台北までの短いフライトでは我慢することにしましょう。

 

機内はほぼ満席。

日本人が自分の周りはとても多い印象でした。

 

ドアが閉まり、飛行機が動き出したくらいで、赤黒が名簿を持ちながらウロウロ。

すみません、こんな若造がEmeで。見えないですよね。

しっかりとご挨拶頂きました。

そのあと、離陸して水平飛行に移行し、ドリンクサービスが一巡した頃、黒服によるご挨拶。

わざわざYクラスの後方までご苦労様でした。


機内食

f:id:arltra:20171126010154j:plain

fishです、noodleです。

もう一個の方よりは美味しそうでした。

あと、さっきの赤黒がペットボトルのÉvian持ってきてくれました、助かります。


到着

特に何もなく台北に到着。

Tigerairに乗った時は問答無用でバスだったのでブリッジのありがたみを感じます。

(今回TigerairでもPBBついてる便があって方針変わったんですかね...?)

香港まで通しで乗るPAXも一度降機させられます。

 

入境審査がめっちゃ混んでました。

30分以上かかりました。

baggageまで降りたらもうスーツケースは全てテーブルから降ろされ寄せられてました。

さっと両替をしてsimカードを調達して市内へと向かいます。

 

-Flight Log-

CX523

Narita,Tokyo (NRT)  - Taoyuan,Taipei (TPE)

Wednesday, November 22

Depart: 9:41

Arrive: 12:43

Duration : 4hr15min

Aircraft: Airbus A330-300

Seat: 56C (Economy)

 

arltra.hatenablog.com

 

統一カテゴリ

arltra.hatenablog.com

広告を非表示にする