Calling at...

不相応なステータスを持った旅好きの若者

BA Goldのカードが届きました

f:id:arltra:20170804234503j:plain

BAからカードが届きました。

到着までの期間や中身を紹介していきます。


 
arltra.hatenablog.com

 この記事の通り、SilverやBronzeのカードはBA.com上でステータスが更新されてから一ヶ月以上、カードは送られてきませんでした。

 

しかし、今回のGoldカードは到達後すぐに到着。

ステータスの確定が7/17。

そして郵便受けに入っていたのが7/30。

二週間でイギリスから到着しました。

 

なぜかは封筒を見てみましょう。

f:id:arltra:20170804234536j:plain

封筒は金色な感じで、成金さが滲み出ています。
こんな表面なので、やたらと輸送中の傷とか折り目が気になってしまいます。

 

右上には切手とともにPriorityの文字が。
Silverまでは普通にイギリスRoyalMailで郵送されていましたが、Goldでは民間の運送会社による配送で、なおかつ速達で届けられたみたいです。
ただ、日本では郵便ポストに入っていましたが。


中身を開けてみましょう。
Gold達成を祝う手紙は、英語でした。


Silverまでは日本語に翻訳されたものでしたが、Goldは違うみたいですね。
そもそもBA Goldまで行くような人たちは少なからず英語ができるのでは。

 

f:id:arltra:20170804234522j:plain

丁寧に金色に包まれてます。

 

f:id:arltra:20170804234503j:plain

バゲージタグはいつも通りの2つ。
紐から黒い粉がポロポロするので、いつも金属のリングと交換します。
カードは一枚です。

 

Gold以上では、ここにGoldenTicketが新たに添付されています。
このカードは、BAのスタッフから特別なサービスを受けた際などに感謝の意を伝え、評価するものです。
一応名刺サイズのカードになっていますが、海外掲示板などで調べた感じあまり実際のカードを使う人はいないようでした。
BA.com上だけで同じ作業が完結できます。
確かに毎回持ち歩くのは面倒なので、何か直接面と向かって謝意を伝えたい時に用いるべきでしょうか。

 

以上紹介でした。

頑張ってBA修行の振り返りを書いています。

更新までしばしお待ちください。

 

p.s.

たぶんブログでは二回目ですが、カードのどこかにBAの文字入れといて欲しいです。

そこのところ、BAの偉い人よろしくお願いします。

(英語でメールを送るとは言っていない)