読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Calling at...

BA修行やってます

AY107 HEL→TLL Economy E190に機材変更、NoRRAで行くタリン

f:id:arltra:20170301153729j:plain

今回はTLLrunでも要の部分、ヘルシンキからタリンへの超短距離フライトです。

全席がエコノミーの機材で運行されるため、Yクラスに搭乗しました。


arltra.hatenablog.com

 

 

イントロダクション

HEL-TLLのルートは、飛行時間で言えば30分ですが、もっともっと短い区間

以前記事にした、HND-NGOも飛行時間は30分ですが、こちらは193マイル。

一方のHEL-TLLは62.4マイルしかありません。

 

シートベルトサインが外れる時間はあるかないか。

実際に行きの便ではサインが外れましたが、帰りの便は外れませんでした。

 

サインが外れると、チョコレートのサービスがあわただしく行われます。

飲み物は出ません。

というか、喉乾いたなぁっと思っていたら着いてます。

 

なぜ、こんなに短い距離なのに時刻表のフライト時間は30分なのでしょうか。

離着陸にかかる時間を含めると、Minimumのタイムというのは定まってくるとは思いますが、それ以外にも、このあたりのこの季節に要因が。

雪ですね。とってもお外は寒いです。

日本でも寒い地域では行われていますが、ディアイシングの必要があります。

 

HELの場合、機体の出発準備が整い、タキシングを開始します。

ターミナルからだいぶ離れた場所に少し開けたエプロンがあり、そこに4台のマシンが待機。

エンジンの出力を弱めると、いよいよ作業は開始され5分ほど、薬剤をまかれます。

これが終わると、いよいよ離陸。

もともと、かなりターミナルから離れたところまでタキシングしてきているので、滑走路はすぐそばです。

すぐに離陸します。


フライト

f:id:arltra:20170228083940j:plain

運行はFlybe、AYのどちらのスピリットをも合わせ持つ、NoRRA。

NoRRAはプロペラ機のATRを主力とし、AYの塗装を施したE190もいくつか飛ばしています。

この区間はすべてATRによる運行が予定されていますが、この日、搭乗ゲートの案内をよく見ると、バスラウンジではなく通常のゲート。

PBBはATRには接続することがHELの場合できない?ため、バスによる移動になるはずですが、おかしい。

 

f:id:arltra:20170225230228j:plain

搭乗ゲートに行ってみると、E190が止まっていました。

本日はシップチェンジのようです。

f:id:arltra:20170228083941j:plain

機内は新しいこともあって快適でした。

 

機内にNoRRAの制服を着た方が数人乗っていて、監査フライトなのか、はたまたHEL-TLLのルートをE190に格上げするのかはわかりませんが、ラッキーでした。

(この時はまだでしたが、今では週に何本かのTLL←→HELのフライトがE190による運航になっているみたい。)


到着

f:id:arltra:20170228083942j:plain

エストニアはタリン空港、数年前にターミナルの改修を終え、こじまりとして温かみのある空港に変身。

 

出発と到着の導線がわかれていないタイプの空港です。

そもそもそんなに本数も多くないので、このタイプが最適なのでしょう。

そしてこの空港はすべてが同一のフロアで完結します。

出発も到着も同じフロア。バス、タクシーを降りて、荷物を預け、検査を通って、搭乗ゲートまでに階段もエスカレーターはありません。

到着もしかりです。

 

f:id:arltra:20170228085205j:plain

(撮影別日です。)

外に出ると、とても寒い。

HELでは外に出なかったのでロンドン、そして日本から来た身体には寒く感じるでしょう。

 

空港から街中、特に旧市街へのアクセスはバスが有効です。

No.2のバスが直行。

逆に言えば、これ以外のバスは、タリンのバスターミナル行きの大型バスしか来ないので間違いようがないです。

バスの本数はそんなに多くありませんが、写真のようにバス停が見える位置に屋内の待機スペースがあるので、それほど深刻ではありません。

 

バスに乗って市内へと向かいます。

 

-FlightLog-

AY107 (BA6011 metal) HEL→TLL Economy Class

 

arltra.hatenablog.com

 

統一カテゴリ

arltra.hatenablog.com

広告を非表示にする