Calling at...

不相応なステータスを持った旅好きの若者

BE7615 VLY→CWL Economy ① Flybe operated by Eastern Airways

f:id:arltra:20180308231109j:plain

また小さな飛行機に乗ってしまいました。

Eastern AirwaysのJetstream41で運行されるFlybeのVLY-CWLのフライトのレポートです。


 イントロダクション

f:id:arltra:20180308231116p:plain

Walesの北西の先端部にあるのがAnglesey島。

保養地、そしてArriva Trains Walesの終着駅のHolyhead駅がある場所と言えばピンと来る人もいるのではないでしょうか。

そんな場所から、Walesの首都カーディフまでは2デイリーで小型機が飛んでいます。

 

便名が表す通り、チケットの販売はFlybeが担っています。

しかし運航はEastern Airwaysが行なっています。

 

チケットの値段は、hand luggage onlyの最低運賃で£20。

だいたい3,000円と言ったところでしょうか。

 

f:id:arltra:20180308231117p:plain

こんなコミューター路線ですが、しっかりonline check-inが可能です。


空港

朝の8:55にここにたどり着くには前泊が無難でしょう。

前日入りし、B&Bに一泊しました。

 

次の日の朝、少し早朝の港を散策した後、駅前からタクシーに乗ります。

バスも運行していますが、タイミングが合わず。

 

f:id:arltra:20180308231115j:plain

タクシーで15分ほど、£15で空港に到着です。

 

f:id:arltra:20180308231114j:plain

空港には出発の50分前くらいに到着。

 

ターミナルに向かう通路を通るとチェックインカウンターにそれを知らせるアラームがなるようで、気さくなお兄さんが迎えてくれます。

 

f:id:arltra:20180308231113j:plain

自分はなぜか一番に到着。

ほとんどの人が地元民でターミナルの目の前の駐車場に自家用車で乗り付け、誰かがターミナルに入るのを待っていたようで、自分が中に入るとターミナルは一時期の賑わいを見せます。

 

イギリス国内線になりますが、IDカードの提示が必須になっています。

トラブルもあるのか、タクシーの運ちゃんにもパスポート持ってるかを確認されていました。


ちらりとバックの大きさを見て、機内持ち込みかそうでないかを確認されます。

機材にoverhead-binがない都合上、よくあるリュックサックの大きさでも機内に持ち込むことはできません。

 

チェックインカウンターのすぐ横から保安検査場へ。

ここでモバイルバッテリーは機内に持ち込むよう、指示を受けます。

 

f:id:arltra:20180308231112j:plain

そこを抜けると、待合スペースに。

 

f:id:arltra:20180308231111j:plain

コーヒーと紅茶が無料で提供されています。

 

f:id:arltra:20180308231110j:plain

搭乗時間になると扉が開けられ、エプロンに。

機材にかなり接近することができます。

 

続きます。

 

統一カテゴリ

arltra.hatenablog.com

広告を非表示にする